サイトメニュー

注射器

信頼できる医師を選ぶ

ボトックスは簡単でありリスクも低い施術方法ですが、副作用が全くないというわけではないのでよく考えなくてはなりません。クリニックにより対応する医師にも違いがあるので、複数を比較して納得できる先を選びましょう。
注射

シワ対策の仕方

表情ジワ対策にはボツリヌス毒素を使用したボトックス注射が最適です。ボトックス注射は筋肉に作用するので表情筋が原因の表情ジワを抑制するのにぴったりです。後遺症のリスクや副作用の心配もなく優れた美容効果が期待できます。

医療機関ごとに確認しよう

カウンセリング

治療をする薬剤によって効果が違う

顔の表情ジワと呼ばれるしわを目立たなくする効果が高いボトックスは、アンチエイジング治療の中でも人気が高いといいます。なぜ人気が高いのか、その理由として、外科手術を行わなくても一定の効果を実感できることを挙げる人は多いです。表情金の過剰な動きを抑制する効果が高いため、注射をすることで過剰な動きを抑えてシワを目立たなくしてくれます。特に施術を受けてから2週間前後から徐々に効果を実感できることが多いため、手術を受けたと知られたくない人でも安心です。また、小顔効果が期待できることからエラなどに注射をして周囲に気づかれないうちに治療を行えることも、高い評価を受けています。さらにワキガや部分痩せなどにも効果を実感しやすいため、悩んでいる人にとってもメリットが大きい施術です。ボトックスに対して副作用を懸念する人も少なくありませんが、毒素を抜いた状態で注射されるため、美容整形外科を中心とした治療面では身体的なトラブルは少なくなっています。ただし、すべての人に副作用がないわけではなく、注射をした後の痛みや内出血、一時的な垂れ下がりなどを報告する声も少なくありません。とはいえ、すべての人が副作用を実感するわけではないことや、2週間ほどで回復することが多いことから、受ける人が多いです。ただし、2週間を超えても注射を受けた後の痛みや腫れなどを感じている場合には、治療を受けた医療機関で相談しましょう。また、妊娠中・授乳中の人は通常よりもデリケートな隊長となることが多いため、治療を受けることで胎児への影響が懸念されることから、授乳後に受けてください。

単純にボトックスといえども、薬剤の種類は豊富であるため、治療を受けるときにはどの企業が製造した物を使うのか、確認してから治療しましょう。医療機関によって使用している薬剤の種類は異なり、アメリカ製と韓国製を取り扱っているところが多いです。ほかにもイギリス、アイルランド、中国、ドイツ原産のボツリヌス菌製剤を使用するところや、日本国産にこだわって使っているところもあります。ボツリヌス菌製剤の種類によって効果を持続する期間や副作用などが異なることが多く、治療を受けたい人の希望に合わせて使い分けるところが多いです。医療機関によってはどこの国の原産であるかを明記し、使用することでどんな効果を得られるのかホームページで紹介しています。そのため、どんなボツリヌス菌製剤を使ってボトックス治療を受けるのかを選択しやすく、患者が訪れやすいです。日本で厚生労働省が承認した唯一のしわ取り用のボツリヌス菌製剤を使用した場合は、期待した効果が出やすいといわれています。同様の効果が得られるものも少なくありませんが、注射した後の状態の変化が一般的なものとは異なるもの、輸入時に品質が劣化しており、結果を実感しにくいものも多いです。そのため、利用する前に口コミで情報を確認し、納得できる口コミが多く確認できた医療機関が使用するボツリヌス菌製剤なら信用できるでしょう。口コミであればボトックス治療の状態や、副作用についても紹介していることが多いため、複数の媒体の情報を参考にして治療を受けてください。

整形

最初に確認すること

ボトックス注射で副作用が出にくいのは、厚生労働省がかなり厳しい基準を用いているからです。それ以外にも、広告の制限なども間接的に副作用がりにくい理由になっています。知っておくとよい情報は、ボトックス注射にどの程度の効果があるかです。