サイトメニュー

最初に確認すること

整形

仕組みや知っておくべきこととは何か

美容整形でボトックス注射などを打つ時も、副作用が気になる人も多いでしょう。現代の日本においては、美容整形をした時に身体的な面で問題になることはほとんどないといってよいです。もちろん例外は必ずありますので、絶対に副作用がないとは言い切れませんが、それでもかなり厳しい基準でボトックス注射が行われていますので、普通の状態だと命にかかわることもなければ、長期的におよぶ副作用が出ることもないでしょう。このように、問題が起こりにくいのはその仕組みにあると言えます。どのような仕組みを採用しているかといえば、まず日本では厚生労働省の方でかなり厳しい基準を採用しており、少しでも怪しい薬や製剤などは利用できないことになっています。たとえほかの国で当たり前のように利用されているものでも、少しでも怪しいと感じた場合にはまず利用しません。これが日本の良いところでもあり悪いところでもあるといえるでしょう。少なくとも、いま日本で行われている美容整形においては、普通の状態で行えばまず問題が起こることはありえないわけです。もちろん問題が起こらないといっても、理想の見た目にならないようなこともあります。ですがそれは医者の腕前の問題であり、副作用とも何ら関係ありません。もう一つ問題が起きにくい理由は、広告の制限などをしていることです。広告の制限をする仕組みを採用することで、各美容整形外科が、いい加減な広告を出さないようにしているわけです。過度な競争もなくなり、回り回って副作用が出にくい理由になるといえるでしょう。

副作用を気にする人は、ボトックス注射を嫌がる人もいるかもしれませんが、結論的にいえば体調不良の場合などでない限り、まず副作用が起きることはないでしょう。そもそもそこまで強烈な効果が出るものを使っていないため、ボトックス注射は一般的に安全とされています。日本で使われているボトックス注射ですが、基本的には筋肉を縮小をすることができますが、極度に筋肉を縮小する訳ではありません。とはいえ、ある程度しか効果がないものでも、注射を打ち過ぎてしまうと極端に筋肉が働かなくなってしまいます。つまり、極端に多くの本数を打ってしまうと、本来の役割を果たさなくなることがあるわけです。例えば顔を小さくするときには、注射を用いることが多いですが、より多くの結果を得たいからと普通の人が利用する本数よりもたくさんの注射をうつとします。この時、筋肉の神経がまひして、ある程度までは筋肉が縮小してきますが、一定の限度を超えてしまうと今度はあごの動きが鈍くなってしまいます。うまく噛むことができないことや、うまくしゃべることができないことなどが予想されるでしょう。つまり一定の限度を超えてしまった場合には、副作用といえるものが発生します。そのため、自分で勝手に判断してたくさんの本数を打ってもらうのではなく、専門家である医者に相談をして、どの程度ならば生活に支障がないかなどを聞いてみましょう。ただボトックス注射の場合には、一生効果が続くわけではなく3カ月から半年程度で効果がなくなってきますので時間が経過すれば元通りになります。